真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

キャンプ

アマグリとあおを連れて千葉までキャンプに行った。
詳しくはアマグリのブログを参照されたし。
場所は大多喜にある「風の村オートキャンプ場」。
区画が決められていないフリーサイトのキャンプ場なのだがGWという事もあってさすがに石灰で仕切っていた。
我々は狭いながらもキャンプ場の中で唯一隔離されたサイトをゲット。
比較的静かに過ごす事が出来た。
しかし遅く来た人たちはなかなか悲惨で非常に狭いサイトにすし詰めになっていた。
夜に見物に行ったら2メートルくらいの細い通路の両わきにタープがぎっしりと並びさながら夏の縁日のようだった。

a0037073_15153643.jpg

このキャンプ場の売り(?)として裏山がある。
子供たちがドロだらけになってその裏山の一角に出来た崖を下り降りてくる。
上からのぞいてみると結構な斜度で軽く50度くらいはありそうだった。
余分な着替えなどを持ってきていなかったので崖下りはしなかったが次回訪れるチャンスがあったら是非挑戦したい。
そしてこの砂山の頂上に建設用の鉄骨で作った展望台が組んである。
登ってみるとなかなか良い景色で大多喜の森やキャンプ場を一望できる。
a0037073_15164841.jpg

(ちなみにど真ん中に写っているのが我々のサイト。見えませんが・・・)

しかし展望台から降りてくる時に恐ろしいものを見つけてしまった。
a0037073_15181341.jpg

裏山の崖下に足場の塊が落下している。
おそらく先代の展望台が台風か何かで崩落したのだろう。
これを見たら今立っているこの展望台も今にも崩れそうな気がし始めてしまった。
もう早く降りたくて仕方がない。
頭の中では展望台が崩れる様がまるで現実のように描かれていた。
無事降りる事が出来たのだがあの展望台はいつか崩れるような気がしてならない。
by 306stylepremium | 2005-05-07 15:21 | | Comments(0)