真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

千束 鮨処 舟

東京も梅雨に入りジメジメとした日が続いていますが、悪いばかりでもありません。
街のあちこちで紫陽花が咲いていて目を楽しませてくれますし、我々食いしん坊にとっては非常に大切な季節でもあります。

Untitled


近年、流通や保存技術が発達し、いつでも美味しいものを食べられますが、それでも旬のものを腕のよい職人が仕上げた料理は全く味が違います。
その点、江戸前のお寿司屋さんは旬と技術・粋・意気を同時に味わえる最高の場所だと思っています。
この日もいつものお寿司屋さん、千束 鮨処・舟に行ってきました。

Untitled


そうです。あれを食べるために行ってきたのです。

お寿司の前におつまみです。
ミンク鯨、新ショウガのハジカミ、お刺身(本ミルガイ、しめさば、イサキ、マグロ)、烏賊ゲソの焼物と続きます。楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled


握りに入る前に凄いものを出してくれました。
Untitled


イワシの素焼きです。
イワシを開いて塩もふらずにそのまま素焼きしただけだそうなのですが、しっかりと脂が乗っているのにしつこくなくて、かといってさっぱりという訳でもなく、本当にいい塩梅でした。
ビックリするくらい旨かった!!

そして握りですが、さっそく本日のメインから握って頂きました。

Untitled


そうです。新子です!これを食べに来たのです!
コハダの小さいのと言ってしまえばそれまでですが、旬の走りの新子です。
何と8枚づけで握ってもらいました。
柔らかくて、さっぱりしていて、何とも贅沢なお寿司です。
目が飛び出る程の超高級寿司種ですが、お寿司屋さんの意地と意気で握るそうです。

その後は、青柳、キスのこぶ締め、車エビ、イサキ、赤身、中トロ、カツオ、ミニウニ丼!!、煮穴子、玉子焼き、かんぴょう巻、(ココから追加)ツブ貝、生鳥貝、煮ハマグリと頂きました。


Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled


みんな美味しかったのですが、生鳥貝の香りと舌触りは良かったなぁ。こうして書いていても味の記憶がはっきりと蘇ってきます。
しかし、よく食べたな。

新子ですが、握る前の状態を見せてもらいました。

Untitled


こんなちっこい魚ですが、普通のコハダと同じ手間ひまがかかることを考えると、ちょっと恐ろしいですね…
食べる方専門で良かった(^^;
by 306stylepremium | 2014-06-22 17:46 | 食事・酒 | Comments(0)