真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ダン・ブラウン“ダヴィンチ・コード”

a0037073_1113734.jpg遅ればせながら、超話題の作品を読了。
久しぶりの外国モノ。
母親が2年前に読み、ずっと勧められていたのだが、なかなか読む気になれず放置していた。
読んでみたらこれが面白い。
売れるのもうなずける。

読みはじめてすぐ気付いたのが、翻訳の上手さ。
ありがちな翻訳臭が無い。(注1)
そしてプロットの上手さ。
様々な蘊蓄をこれでもかとばかりちりばめているのに、無駄な部分は相当にそぎ落としてある。
肝心の謎解きに関してはとくに斬新と思える部分は少ないのだが、小道具や会話の妙があり、ぐんぐん読みすすめることができる。
謎解きの結果もすっきりとしていて、なかなか気持ちが良い。
特に上巻(ハードカバー)の構成、スピード感は秀逸。
普段あまり読書をする機会がない人にもお勧めの一冊。

(注1)翻訳臭例
「その時僕ははっと気がついたんだ。ここがきっと世界で一番きれいな町の一つなんじゃないかってね。」
こんなふうに原文が透けて見える翻訳は好きじゃない。
おきゃあがれ!
Commented by ぱお at 2006-06-02 12:36 x
私もようやく、文庫版を注文しました~!
勤め先が出版社なので、出版社経由で・・・すずめの涙ほどの割引価格なので流行ものはいつもそうなんです・・・。
早く読みた~い!!
Commented by Mz at 2006-06-02 23:15 x
確かに。
読んでいると目の前にスクリーンが在るかのごとく感じられました。
まるでルーブルを歩いているように…。

どこまでが事実なのかが気になります。

映画でどの位再現できているのか、近日中に確認してきます。
Commented by ながしま at 2006-06-08 10:50 x
>>ぱおさん
出版社勤務ですか。
本がなければ生きていけない私のような人間には夢のような職場ですね。
うらやましいです。
Commented by ながしま at 2006-06-08 10:51 x
>>Mzさん
まさに映画向きの本でしたね。
というよりも、明らかに映画化を意識して書いてているように思いました。
トム・クランシーなんかもそうですよね。
by 306stylepremium | 2006-06-02 11:13 | 読書 | Comments(4)