真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

魚がし福ちゃん

男らしく、壮絶に負けて来た。
負けっぷり、それが大事。

昨日、ネットで話題騒然の有名店「魚がし福ちゃん」を訪れた。
なんでも生きのいい魚をお腹いっぱい食べられるとの事。
ネットで見る限りでは大半の人が行った事を後悔している口ぶり。
しかし、俺なら大丈夫と思っていた。きっと勝てると。

注文は一回きりなので緊張するが、おばちゃんがバランス良く決めて行ってくれるので、特に大変な事はなし。
5人で6品の注文。
この時点では少ないと思っていた。

まずは突き出し。
カニのほぐし身。
これは当然普通の量。
a0037073_14482624.jpg


続いて甘エビ。
極太の甘エビがてんこ盛り。
旨い。
a0037073_14491569.jpg


さらに雲丹。
一箱まるごとなのだが、この箱が見た事ないでかさ。
普通の1.8倍くらいはありそう。
まだまだ余裕。
a0037073_14502791.jpg


次にお得な価格だと言うトロカツオ。
もうね、圧倒されました。
トロカツオの半身が4本。
切り身が薄いところで2センチくらい。
端っこなんか5センチくらいの塊に・・・
a0037073_14555734.jpg


そして、貝盛り。
旨かった。旨かったんだけど、、、
正直グロい。
サザエなんか大の男の握りこぶしの2倍くらいある。
これまで貝好きを公言して来たが、撤回。
カイ、モウミタクナイ。タベタクナイ。
a0037073_14521930.jpg


この辺りで既に魚が嫌いになってきた。
煮魚登場。
まともな量に見える辺りで既に壊れている。
a0037073_14541130.jpg


最後はイシガレイの活き造り。
びんびん動いちゃって、こっち見てたりして、大騒ぎ。
てんこ盛り。
a0037073_14575865.jpg


最後の方は口数も少なく、ただ、目の前にある刺身をつつき回しているだけいう有様。
お腹がいっぱいなのではなく、心が一杯。胸が一杯。
もうあんな思いは二度としたくない。
涙目で店を後にした。

お魚は活きがよくて旨くて、お店の人も感じよく、酒も旨い。
でもなぜだろう。
この敗北感は何だろう。
福ちゃんは哲学だ。

因に冷酒はこんな感じで供されます。
甘くて、辛くて、旨かった!
a0037073_1523449.jpg



魚がし福ちゃん (うおがしふくちゃん) 
渋谷区道玄坂1−6−9
03-3476-4476 
定休日:日曜日 
営業時間:16:00〜22:30 
Commented by Hi at 2007-06-03 15:41 x
すげーグロ画像!!
もう見たくない。
Commented by てつや at 2007-06-03 20:21 x
\(´▽`*)ヤァ マケイヌ
てんこ盛りはご飯に限りますね!
Commented by えんじ at 2007-06-03 22:41 x
撃沈とはこのことでしたね。
Commented by ながしま at 2007-06-05 12:35 x
>>Hiさん
写真に補正かけていて本当にいやになりました。
画面いっぱいの甘エビ・・・
イヤイヤイヤイヤ
Commented by ながしま at 2007-06-05 12:37 x
>>てつやさん
オレ、マケイヌ・・・
魚肉てんこ盛りはきついですよ〜
次回東京遠征の際は是非!!
Commented by ながしm at 2007-06-05 12:38 x
>>えんじさん
まさに撃沈。
8割以上は食べたんですけどね。
敗北感にまみれてますね。
by 306stylepremium | 2007-06-03 15:02 | 食事・酒 | Comments(6)