真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー

<   2004年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

仕事

一週間ぶりに出勤した。
まだ学校が夏休みのため電車も空いており、社会復帰には丁度よい電車の混み具合だった。
職場についてまずメールの確認をした。
約200通のジャンクメールが届いていた。
これを手動でフィルタリングするのにかなりの時間を割く羽目になった。
全部ジャンクだった。
悲しかった。
そう言えば先日帰国し自宅に到着した際、携帯電話をチェックしたが着信ゼロ、メールもゼロだった。
なぜだかとても悲しかった。
by 306stylepremium | 2004-08-30 23:08 | 雑記・雑感 | Comments(0)

帰国

無事ハワイから帰国した。
細かい事はまた別に記す予定だが非常に楽しい旅だった。
一番の心配事であった航空会社もまあ普通だった。
またハワイに行きたい。そう思わせる良い旅だった。

写真は著名なMaiTaiBarで撮ったワイキキビーチ&ダイアモンドヘッド&月。
a0037073_17445774.jpg

by 306stylepremium | 2004-08-29 17:43 | | Comments(0)

ハワイ

これからハワイに向け出発する。
憧れのハワイ航路だ。
何度か海外に足を運んだが、何故かハワイには行った事が無かった。
これまでのどの旅行よりも興奮・緊張している。
多いに楽しみたい。

帰ってきたら焼肉の日だ。
こちらも楽しみ。
by 306stylepremium | 2004-08-23 12:45 | 雑記・雑感 | Comments(0)

牡蠣

牡蠣が好きだ。
毎年寒い季節になると毎日のように食卓に牡蠣が上る。
先日行った居酒屋で岩ガキ一個900円という代物が合った。
あまりにも高いためその時は注文しなかった。
先日ふと検索してみると意外と安く手に入る事が分かり注文した。
特大岩ガキ10個送料込み5000円。
昨日の朝、モノが届いた。
早速発泡スチロールを開けると、文字通り特大の岩ガキが鎮座していた。
ワイン(シャブリ・プルミエクリュ・2002)をキンキンに冷やし、
ポン酢、レモン、ライム、モミジおろし、ウスターソース、タバスコなどを用意して岩ガキを食した。
岩ガキは想像を絶する大きさで、一口で食べると口の中が牡蠣で埋まってしまうくらいの大きさだ。
私にはモミジおろし、ライム、醤油の組み合わせが一番だった。
しばしば海のミルクと形容される牡蠣だが、初めてその言葉の意味を知った。
1個500円の牡蠣。私は安いと思った。
a0037073_1024444.jpg

by 306stylepremium | 2004-08-22 10:23 | 食事・酒 | Comments(3)

タイヤ

わが家ロクちゃんのタイヤは買った時から付いているモノ。
走行距離がかなり少ないので溝はあまり減っていないため、
チェックするのは空気圧くらいで、他は気にしていなかった。
最近ひさんの掲示板でタイヤが話題に上っていた。
早速ロクちゃんのタイヤをチェックしてきた。(写真)
スリップマークのビバンダム君は小さ過ぎて写真では見えない。
(写ってはいるはず。)
溝はたっぷり残っているのだが結構ひびが入っている。
正直びっくりした。
赤いキリンさんによれば、ヒビはそんなに気にしなくても良いという事なので気にしない事にする。
出来れば見なかった事にしたい。
a0037073_9281157.jpg

by 306stylepremium | 2004-08-21 09:24 | 雑記・雑感 | Comments(0)

焼肉

焼肉が好きだ。
いや、愛していると言ったほうが正確かもしれない。
最寄り駅・新小岩に慶州苑という焼肉屋さんがある。
ここの焼肉を愛しているのだ。
2週間ほどここの焼肉を食べないと、心の底から焼肉を食べたいという渇望が沸き上がってくる
毎週行ってもいいのだが金銭的な都合もあり、月2くらいで押さえるようにしている。
そう言えば今年の2月には奇跡の肉の日があった。
4年に一度だけ2月に29日があるのだ。
この日はプジョー仲間のひさんとスキーに行っていたのだが、帰りにひさんも巻き込んで慶州苑に駆け込んだ。
今年もそろそろ焼肉の日がやって来る。
8月29日はハワイから帰国する日だ。
長旅の疲れを癒すためにも、精神的な充足感を味わうためにも、この日の焼き肉屋参拝は欠かせない。
焼肉が好きだ。
by 306stylepremium | 2004-08-19 13:48 | 食事・酒 | Comments(0)

翻訳ロボット

論文を書いている。
英語で書いているのだが、なかなか辛い。
会話・読みには困らないのだが、「正しい」英語を書くとなると一苦労だ。
最近infoseekの翻訳システムを試している。
英和翻訳に関しては、なかなか良く出来ている。
相当数の専門用語も登録されているようで、比較的まともな訳文が吐き出される。
システムの中の人はかなり厳しく、人称や単数・複数、関係代名詞など
少しでも間違えると嫌がらせのような和文を返してくる。
そこで少し修正するとまともな文が返ってくる。
ワープロソフト上の単語・文法チェックと組み合わせると、
日本人特有のエラーはかなり軽減できるはずだ。
(と信じている。)

和英も別の意味でかなり楽しめる。
例えばこのページを翻訳してみると、

「4時半過ぎになり太陽が顔をのぞかせる頃にやっとベッドに入る。」
   ↓
"4:30 -- past -- when it becomes and the sun makes a face remove, it goes into a bed with a grin "

これだけでもかなりおかしいが、この文章を英和システムにかけてみると

「4:30(過去) なり、太陽が顔を移動させる場合、それはにこにこを備えたベッドに入ります。」

日本語は難しい。


by 306stylepremium | 2004-08-18 12:53 | 雑記・雑感 | Comments(0)

時差ボケ

最近オリンピック観戦のあおりを受け、睡眠のリズムが狂っている。
連日酒を飲みつつ午前3時4時までテレビにかじりついている。
4時半過ぎになり太陽が顔をのぞかせる頃にやっとベッドに入る。
幸い職場は完全フレックスタイムなので多少ゆっくり眠れるのだが、
やはり睡眠時間は足りていないようだ。
本来だったら何とかして通常のリズムに戻すところだが、
来週から二人でハワイに出かける。
今現在、まさに時差ボケの状態なのでハワイに行けば
ちょうどいいのではないかと楽観視している。
しかし今日も含め4日間働かなければならない。
今月締切の急ぎの仕事が2件ある。
今月ということは、私にとっては今週中に仕上げなければいけないということだ。
頑張ってはいるが寝不足のためかなかなか仕事がはかどらない。
下手をすると、ハワイに仕事持ち込みになってしまうかもしない。
そんなことを考えるともっと寝られなくなりそうだ。
by 306stylepremium | 2004-08-17 13:34 | 雑記・雑感 | Comments(1)

バー美代子

先日、友人夫妻の経営する「バー美代子」にお邪魔した。
本格焼酎とそれに合うおつまみをメインとした現代風のバーだ。
オリンピック開催時期ということもあって三菱製のモニターが設置されており、スポーツバーと言っても良い雰囲気だ。

まずはビールで乾杯。赤城山水系のモルツ。
そして一番搾りへ移り、その後お楽しみの焼酎へ。
焼酎は全国でも珍しいセルフサービスだ。
酒蔵から自分好みの焼酎を見つけ、自分で注ぐというスタイル。
非常に幅広い焼酎リストから選ぶのは大変だったが、5,6種類は飲んだろうか。
最近焼酎を飲む機会があまりなかったので大いに楽しめた。
この日は焼酎ばかりでなく、モエのネクターインペリアルや1999年のバローロなど素晴らしいワインも頂いた。
傍らのモニターで谷亮子ことTAWARAと野村が金メダルを取る瞬間も観戦することが出来た。
ここまで楽しい思いをするとなかなか他のバーには浮気できないだろう。
心の底から楽しかった。

このバーは毎日開いているわけではないのが残念だ。
常設になることを強く願う。
by 306stylepremium | 2004-08-16 11:44 | 食事・酒 | Comments(2)

続・生ビールサーバー

生ビールサーバーが直った。

ハリガネハンガーの針金では太過ぎたため、急遽1.6ミリメートル径のビニールコーティング針金を仕入れた。
これを四本束ねて渾身の力で押し込んだところ、スポンジが動くのが感じられた。
四本ではきつくなったため、二本に減らし更に押し込んだ。
二本でもきつくなり、一本の針金を押し進めた。
ペンチを握る手にはうっすらと血が滲んでいた。
生ビールが飲みたい。その気持ちは痛みを越えていた。
次の瞬間ふと手にかかる負荷が軽くなるのを感じた。
針金が奥へ奥へと入っていく。同時にサーバー出口からは洗浄用の水が滴り始めた。
そして、ゆっくりゆっくりと針金を引き抜いた。
ずずずという音がしたかと思うと次の瞬間大量の水が噴出した。
思わず出口を覗き込んだ。
詰まりの原因だったスポンジが顔面を直撃し、更に勢いを増した水の洗礼を浴びる。
ガラスドア越しに妻が狂喜乱舞している姿が確認できた。
早速モルツの10リットル樽を開封しサーバーに装着。ジョッキにビールを注ぎ入れる。
最高の一杯。最高の一杯だった。
生涯忘れられない思い出のビールになるだろう。
2004年8月14日、午前8時の出来事である。
by 306stylepremium | 2004-08-14 09:08 | 食事・酒 | Comments(3)