真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

あお

a0037073_15343190.jpg

かわいい。あおかわいい。
by 306stylepremium | 2005-07-31 15:34 | 雑記・雑感 | Comments(2)

名前ジェネレーター

検索したらこんなサイトが見つかった。
The Name Generator Generator
なんでもアルファベットの名前を入れると日本名に変換してくれるらしい。
早速自分の名前を入れてみる。(もちろんローマ字で)

・・・でた!
吉国 Yoshikuni (good fortune country) 健太 Kenta (healthy and plump)

わたくし今日から「吉国健太」を名乗ります。
どうぞよろしく!!
by 306stylepremium | 2005-07-29 13:07 | 雑記・雑感 | Comments(12)

引き出し

(7/28画像回転&テキスト追加)
a0037073_69618.jpg


とある人に刺激を受けて自分も引き出しの中身を公開。
先日のデスクの上と違って中身はなかなかきれいだと思っている。
特別片付けた訳ではなく常にこの状態だ。
この引き出しは貴重な財産の実験ノート類。
10年間分でA4大学ノートが約30冊ほど。
まあ、良く実験したものだと思う。
しかし論文で世に公開されたものはごくわずか。
頑張らねば。

---
画像は正しい向きに回転しました。
携帯で撮った向きとアップされた画像の向きが違った・・・
by 306stylepremium | 2005-07-27 19:53 | 雑記・雑感 | Comments(8)

無題

数えてみたら更新したのがちょうど先週の今日。あっというまですねー。
…こうやって年をとってゆくのでしょうか。

去年の暮れから盛り上がっているハバロフクステクノシーンの重鎮「赤い鋼鉄」の新譜をゲットしましたー。それに関して驚きの情報を入手しました。ちょっとここには書けないのですが、いやあ、まさかナニがアレとは…。

♪ けさ君の夢を見た。
君が蛇口になってる夢を。その蛇口からは何が出る?
by ブッセ

この年になってこんなことを言っているのはいかがなものかと思いますが!

a0037073_11443763.jpg

↑写真と本文は関係ありません

---
ブログ更新ジェネレーターなるもので作ってみました。
by 306stylepremium | 2005-07-27 11:45 | 雑記・雑感 | Comments(3)

地震

地震で大学に缶詰めを喰らっている。
かれこれ3時間。
電車の動く気配はない。
震度5だったそうだが、免震構造の建物にいたためせいぜい震度2くらいにしか感じなかった。
さすがは最新工法。

と、思っていたら父親が車で向かえに来てくれるそうだ。
ありがたい。
by 306stylepremium | 2005-07-23 20:32 | 雑記・雑感 | Comments(13)

デスク

a0037073_1205869.jpg

片付けねば・・・
by 306stylepremium | 2005-07-21 12:00 | 雑記・雑感 | Comments(4)

新小岩駅

a0037073_15222222.jpgJR新橋駅で総武線快速に乗り、自宅最寄り駅の新小岩駅に向かった。
窓の近くに立っていたので外の景色が良く見えた。
新小岩駅が近づき電車の速度が落ちて止まる直前、一人の男性が電車を待っているのが目に入った。
チェックのシャツを着てリュックを背負い、スナック菓子が一杯入ったコンビニ袋を肘に下げている。
手にはジャガリコと思しきスナック菓子を持っている。
電車が止まりドアが開き乗客が降りはじめても彼はジャガリコを見つめ微動だにしない。
新小岩はなかなか降りる人の多い駅でその日も例外ではなかった。
次から次へと吐き出される乗客の波に彼は飲まれていた。
私は最後に降りたのだが、私のすぐ前の乗客が彼のジャガリコを持つ手に当たってしまった。
ジャガリコは彼の手から離れホームに落ちた。
そしてホームと電車のすき間へと滑り落ちていった。
驚き・悲しみ・怒りなどいろいろな感情がないまぜになり彼の顔に表れていた。
帰宅の間に食べる、とっておきのジャガリコを落としてしまった彼には申し訳ないが、いいものを見た。
何とも言えないいい表情だった。

と言う事をここに記さねばと思いつつホームの階段を下りていると、何やらおっさんが階段に寝ているのが目に入った。
傍らには駅員さんとその人の連れと思しきサラリーマン。
よく見るとただ寝ているだけではなく、後頭部がかち割れているようだ。
駅員さんが用意しただろう白いシーツを枕にして横になっていたのだが、そのシーツが紅に染まっていた。
顔は青というか白というか茶というか、これまた何とも言えない色をしている。
ジャガリコの彼と同じく微動だにしない。
いや、出来ないでいる。
さすがにいい色だとは思わなかったが、すごいものを見た。
by 306stylepremium | 2005-07-13 15:22 | 人物観察 | Comments(7)

ビアガーデン

a0037073_20194015.jpg

東京駅大丸にて満喫中。
o(^ヮ^)o
by 306stylepremium | 2005-07-05 20:19 | 雑記・雑感 | Comments(4)

三合菴

職場のすぐ隣にあるお蕎麦屋さん「三合菴」に行ってきた。
2000年にオープンした当初から非常に人気のあるお店で夜は予約をしないと入れないそうだ。
そしてそば屋にありがちなのだが美味い&高い&少ないとの評判だった。
5年間横目で眺めていたのだが今日漸くお店に突入することが出来た。
無論おごりだ。

店内は狭く4人掛けのテーブルが5つ位。
昼時にはテーブルを分割して2人掛けにしていた。
通路は恐ろしく狭いが清潔でとても好印象。
注文したのは天せいろ(私)とトロロそば(スポンサー)。
暫くして出てきた天麩羅と蕎麦は期待に違わぬ少なさだった。
蕎麦も少ないしエビも小さい。
しかし一口食べてみるとこれが旨い!!
天麩羅のあげ方も良いし、何と言っても(当たり前だが)蕎麦がすごい。
素晴らしいコシと香り、そしてのど越し。
蕎麦つゆとの相性もぴったりで最高に旨い。
量の少なさも値段も納得できる味だった。

嬉しかったのが天つゆが別に出てきたこと。
高い店に行けば当たり前なのかもしれないが、蕎麦つゆが油だらけになってしまうのが嫌な私のような人間にとっては非常に嬉しい心配りだった。
もちろん味付けも別だった。
そうそう、蕎麦の量も少ないのだが、何と言っても蕎麦つゆの量が少ない。
蕎麦猪口の5分の1くらいしか入っていない。
ほとんどつゆを付けない人には別になんて事ないのだが(東京の人は皆そうだと思うが)、たっぷり付ける人だと一口目で無くなると思う。

最後に出てきた蕎麦湯がまた格別だった。
トロトロしているのだ。
ものすごく緩い蕎麦掻きのような感じ。
これがまた良い香りで幸せだった。

そうだ、今度はアマグリを連れてきて酒を飲もう。

---
三合菴
港区白金5-10-10
こんなページもありました
by 306stylepremium | 2005-07-04 12:58 | 食事・酒 | Comments(10)

かくれんぼ?

a0037073_12342635.jpg

隠れてません(^_^;)
by 306stylepremium | 2005-07-03 12:34 | 雑記・雑感 | Comments(6)