真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Newブーツ

a0037073_1134350.jpgついにスキーブーツを新調した。
日曜日のお昼過ぎに神田に向けて出発。
本当はもっと早く出たかったのだが、アマグリが二日酔いでダウンしていたため遅延したことは内緒。
まずは、色々なブーツが並んでいる大型店に行き相談がてら試し履き。
サイズを測ってもらうとサイズは25.5cmとのこと。
今までは26.5cmを履いていたのでかなり大きかったそうだ。
確かにリフトなどで下方向に引っ張られると踵が浮いてしまって痛かった。
スキーブーツはピッタリサイズで買うのが基本なのだそうだ。

足の形は幅が広めとのことで、サロモンを勧められる。
試しにコンフォートラインのトップモデル・パフォーマ8を履いてみる。
足入れは最高に良かった。
問題はバックル。
第2バックルが閉まらなかった・・・
一番外側のフックにかすりもしない。
ふくらはぎが太すぎるらしい。
店員は無言。
そして「他のメーカーにしましょう」との一言でラストが広めのアトミックとノルディカを試す。
ノルディカのスピードマシーンというモデルを履いたのだが、くるぶしがチト当たる。
店員さんと話をしていたら、どんどん痛くなってきた。
名前は最高にカッコ良かったのに残念。
次にアトミック。
レーステックというシリーズで一番柔らかいフレックスのRT Sを試す。
物は試しと25.0cmを履いてみたら、何とか履けた。
幅は他に比べかなりタイトなのだが足にピッタリ。
どこも浮かず当たらずとても良い感じ。
フレックスの硬さが心配だったが、筋力も体重もありそうなので問題ないでしょうとの店員さんの有り難いアドバイスも頂いた。
気持ちは固まってたのだが、値引きが渋いので他店に移動。
かなり値引いてくれたフソウスポーツで購入。
これで今年はもっと上達できるに違いない。
初滑りが楽しみ。
by 306stylepremium | 2005-11-28 11:37 | スキー | Comments(14)

3件目

a0037073_19422214.jpg

ギネス!
by 306stylepremium | 2005-11-26 19:42 | 雑記・雑感 | Comments(0)

みの家

a0037073_17411168.jpg

旨かった!
by 306stylepremium | 2005-11-26 17:41 | 雑記・雑感 | Comments(0)

さくら

a0037073_16101185.jpg

by 306stylepremium | 2005-11-26 16:10 | 雑記・雑感 | Comments(0)

桜肉・みの家

a0037073_1245323.jpgこの間も吉原大門で桜肉のすき焼きを食べたばかりだが、また桜肉を食べたくなってしまった。
今度は森下の「みの家」さんに伺ってみようと思う。
先日の中江さんよりはお手ごろ価格だし、何と言って家から近くていい感じ。
取りあえず土曜日に行ってみるつもり。
もちろん夜の部開店の午後4時に乗り込もうと意気込んでいる。
極上の桜肉と酒が私を優しく迎えてくれる。はず。

#参加者募集中!
by 306stylepremium | 2005-11-24 12:43 | 食事・酒 | Comments(6)

ボジョレー

a0037073_2325389.jpg

楽しい~~~

指ザックリ切ったけどな・・・・orz
by 306stylepremium | 2005-11-19 23:02 | 雑記・雑感 | Comments(8)

牡蛎40個

a0037073_9224931.jpg

キター
by 306stylepremium | 2005-11-19 09:22 | 雑記・雑感 | Comments(2)
a0037073_11301337.jpg佐伯さんのシリーズはどれも面白いのですが、次作が最も待ち遠しいのがこの「居眠り磐音」シリーズ。
衝撃的な事件をきっかけに豊後関前藩を出奔し、江戸での浪人生活を続ける坂崎磐音と彼の周りの人物達が繰り広げるどこかのんびりとしたシリーズです。
主人公の磐音は直心影流の達人。
物語の始めに瀕死の重傷を負うものの、その後は正に無敵。
擦り傷一つ負わずに迫り来る剣客を倒していきます。
文中では「居眠り剣法」とか「そよ風のような」とか書かれていますが、滅法強い。
こともなげに相手の首筋を
さあっ
と切り裂いて
ぱあっ
と闇夜に血飛沫をあげていたりします。
そんな磐音もいいのですが、それ以上に周りの人物が魅力的です。
江戸深川の六間堀を中心に繰り広げられるドラマが本当に生き生きしていて、作者の創作ではなく実際の生活を写し取ったようなリアリティーが有ります。
深川に行けば磐音が長閑にうどんをすする姿が見られそうな気もします。
ちゃんばらシーンの量・迫力は他のシリーズに譲りますが、登場人物の心の動きを丹念に描いたこの作品は他とは違った面白さが有ります。
ときにイライラさせられる人物や出来事も有りますが、それも含めて“超”お勧めの逸品です。

---
今朝読了してふと裏書を見てみると2005年11月20日発行と有りました。
今日は11月17日。
発行日前に読み終えてしまったことになります。
これって普通なのでしょうか。
by 306stylepremium | 2005-11-17 10:48 | 読書 | Comments(2)

寂しい

a0037073_13525616.jpg

広大なキャンプ場に我々だけしかいない。
おまけに管理人までどっかに行ってしまった。
完全プライベートでいいのだが、ちと寂しい。
by 306stylepremium | 2005-11-13 13:52 | 雑記・雑感 | Comments(2)

サイト風景

a0037073_10222821.jpg

静かでなかなかいい所だ。
by 306stylepremium | 2005-11-13 10:22 | 雑記・雑感 | Comments(0)