真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タイ旅行

先週1週間、2度目のタイ旅行に行ってきました。
サムイ島を中心にバンコクとアユタヤを巡ってきました。
写真は2000枚程撮って来たのですが、まだ全部チェックしきれていません。
珍しくRAWで撮ったりしたので、普段と勝手が違い苦労しています。
RAW現像は後回しにして、JPEGのみチェック中です。
とりあえず、ぱっと目に付いた一枚です。
アユタヤの屋台村に停車していた何だか良く分からない物体です。
モノを売っているのだか、ただのデコレーションなのだか、全く分かりませんが、タイ風に仕上がっています。
この他にも続々と写真をアップする予定です。予定...

a0037073_16284765.jpg

PENTAX K-7, SIGMA 30mm F1.4 EX DC
ISO 800, f/8, 1/200 sec, 30mm (35mm equiv 45mm), Av, EV +0.7
(初回アップ時よりf値を修正しました。珍しく絞って撮影しています。)
# by 306stylepremium | 2011-07-17 16:32 | | Comments(0)

初ドライブ

ようやくガソリンの供給が安定してきたので、黄助の初ドライブに出かけてきました。
ただ闇雲に運転するのも何なので、目的は超久しぶりのお墓参り。
神奈川県内のお寺を二つ巡るトータル約200kmのショートトリップです。
黄助でのドライブがはじめてなら新しいナビを使うのもはじめて。ETCの動作確認もしていないし、よく考えてみたらMT車で高速道路に乗るのも始めてという不安だらけのスタートでした。
しかし、太いトルクとターボらしい気持ち良い加速を楽しんでいたら、不安を感じる間もなくあっという間に目的地に到着です。

a0037073_1553292.jpg


お墓参りを済ませた後は、大好物の牛丼を食べつつ次のお寺へ。
途中延々と続く坂道発進に辟易としながらも何とか到着。

a0037073_1553386.jpg


ご先祖様に日本の復活を誓ってから帰宅の途につきました。
渋滞もなく合計約4時間の快適なドライブでした。

まだサスペンションの当たりが出ていないというか、新車独特の硬さが取れていない感じですが、新しい設計の車らしく高い剛性を持ったボディ全体でしっかりと地面を捉えているのがよく分かります。
これから硬さが取れてくるとどう変わってくるか凄く楽しみです。

(今回の写真は2点ともiPhone4での撮影です。)
# by 306stylepremium | 2011-04-05 06:50 | プジョー・シトロエン・車 | Comments(2)
ロクちゃん(Peugeot 306 Style Premium)との約11年の生活にピリオドを打ち、新たに黄助(Citroen DS3 Sport Chic Edition Jaune)を迎えることになりました。

306を手放すことは非常に辛かったのですが、最近の度重なるマイナートラブルに耐えきれずとうとう新車購入に至りました。
306はSasame3を投入した効果か最近は絶好調で、特に120km/hくらいでの高速巡航は官能的と言っても良いくらいでした。
ボディーサイズや使い勝手、大きめのエンジンが発生する太いトルク、良く効くブレーキ、重〜いステアリング、柔らかいスプリングに効きの良いダンパーなど、何を取っても自分にぴったり合った完璧な車です。
デザインが秀逸な事は言うに及びません。
個人的な感想になりますが、306は車に求められる様々な要求を高いレベルで満たした、現代の車の一つの到達点であると思います。
欠点と言えば、次の車選びが非常に難しい事くらいでしょうか。

私が新車に求める事は非常にシンプルで、「かっこ良く、乗り心地が良く、出来ればマイナーなコンパクトカー」です。
306に乗っている間、上記の点を満たし、本気で欲しいと思った車はPuegeot 1007とCitroen C3, Citroen DS3の3台だけでした。
1007に関しては 306がまだまだ元気だった上にあっという間に正規輸入しなくなってしまいました。
C3, DS3に関しては306がぐずりだしてから発表された事もあり、丁度よいタイミングでした。
当初ゼニスウィンドウを搭載した5ドアモデルのC3を検討していましたが、よりかっこ良く、よりマイナーなDS3に落ち着きました。
真剣に検討を始めた頃にちょうど25台限定車 Edition Jaune が出た事も一つの大きな要因です。
それに加え、6速マニュアルのツインスクロールターボという、ある意味中2病的な魅力的なスペックに背中を押されたのも事実です。
もちろんフランス車のスペシャリストである原工房で購入しました。

さて、このような状況ですので、走ったのは原工房から自宅までの5kmだけです。インプレッション等はガソリンが普通に買えるようになったら書きたいと思います。
今日は写真だけ。

a0037073_18515535.jpg

ボディカラーはジョーヌベガス+ブランオパールで、Edition Jauneなのでシートやシフトノブ、ホイールセンターなども黄色になっていて、クロムパーツが沢山ついています。
306にクロムパーツなんて考えられませんでしたが、最近の車にはよく似合います。

a0037073_18521525.jpg

DS3から採用になった新しいダブルシェブロン。
自分がシトロエン乗りになるとは全く想像していませんでした…

a0037073_18524241.jpg

シフトノブはただのソリッドイエローではなく、外側に厚いアクリル層があり、実際に見ると透明感があります。
シートもイエローのアルカンタラで、リアシートももちろんイエローです。細かい点ですが、ドアトリムのステッチもしっかりイエローだったりします。
シフトノブにぶら下がっているひよこ2匹は306から引き継ぎです。

a0037073_18555442.jpg

この写真では見えませんが、ステアリングは少し小さめで、下側が直線に切ってあるいわゆるD字型になっています。
メータ類はエンジンに火を入れると一旦振り切ってから所定の位置に戻るというちょっとしたギミックがあります。
メータのひさし部分は奥に穴が空いていて、外光がはいるようになっていますが、運転席からは全くその効果は分かりませんでした。
針はちょっと凝ったデザインになっています。シンプルで非常に見やすいメータです。

a0037073_18594078.jpg

そしてボンネットを開けるとひときわ目立つのがSasame3です。
原さんにお願いして付けて頂きました。2つ付いています。
納車時からついているので効果の程は分かりませんが、確実に効果はあるとの事です。
付けていてマイナスになる事は考えられませんし、無機質なエンジンルームに赤が映えてカッコいいのです。
10年以上マニュアル車に乗っていなかった私がエンストもせずに家にたどり着けたのはひとえにSasame3の効果であると信じています。
Sasameさんの3馬力は本物です!

さて、私が気になった所をつらつらと書いてみましたが、次回は走行後のインプレを書く予定です。
また駐車場で写真撮影したので、私が気に入っている後ろからのショットなどが撮れなかったため、次回以降ゆっくり紹介したいと思います。

*一部修正しました。
誤:ツインターボ、正:ツインスクロールターボ
ご指摘ありがとうございました。
# by 306stylepremium | 2011-03-20 19:16 | プジョー・シトロエン・車 | Comments(11)

ドバイ

仕事でドバイに来ています。
といってももう帰る直前ですが…(^^;;
1週間ドバイの高級ホテルに滞在していますが、ご多分にもれず完全にホームシックに陥っています。
早く家族に会いたいものです(T_T)

しかしつらい事ばかりではなく、世界中から集まった人達と交流するのは楽しいものです。
さすがアメリカの会社だけあって毎晩盛大なパーティーがあり、典型的な日本人の私としてはなかなか辛いものがあります。
シャイな私は隅っこに陣取って空気を決め込んでいます。

水曜日は何故か仕事が休みだったので、世界一高いビル・ブルジュカリファに行ってきました。
あいにく曇り模様だったので景色はイマイチでしたが、砂漠のど真ん中に建つ高層建築を堪能できました。
写真はブルジュカリファのふもとにある池に写るビル群です。
超近代的なビルが立ち並んでいて、あたかもSF映画のようです。

a0037073_317863.jpg

なかなか来ようとは思わない国ですが、想像していたよりもずっと印象深いです。
# by 306stylepremium | 2011-01-22 03:12 | | Comments(0)

鎌倉

久しぶりに写真部で鎌倉に行ってきました。
鎌倉でお昼にした後、江の電で長谷まで行って、長谷寺→大仏様→「山道」→銭洗弁天→北鎌倉、というコースでハイキングを兼ねて撮影してきました。
(もちろん最後はいつものお店で呑みました。)
計275枚撮影しましたが、どれもこれも極々普通あるいはつまらない写真ばかり…
自分なりに満足出来るのは2、3枚でしょうか。
秋の寺社なんてとてもフォトジェニックだと思ったのだけれども、腕が全く付いていっていません。
精進あるのみです。

下の一枚は銭洗弁天の灯籠です。
このような枯れ葉ではなく、紅く染まったモミジの葉だったらいいのになぁ、と思いながら撮りました。

IMGP5226

PENTAX K-7, SIGMA 30mm F1.4 EX DC
ISO 800, f/1.4, 1/320, 30mm (35mm equiv 45mm), Av, EV -0.7

軽いハイキングコースだと思っていたら思ったよりもずっと厳しく、内股がプルプルしていましたが、また別の季節に是非行ってみたい場所です。

---
追記
長谷寺で撮影した花です。
不思議な花だと思って調べてみたら「ホトトギス」という日本固有種だそうです。

IMGP5058

PENTAX K-7, SIGMA 30mm F1.4 EX DC
ISO 100, f/2.0, 1/160, 30mm (35mm equiv 45mm), Av, EV -0.3, trimmed by iPhoto

こうしてアップで見るとかなりビビッドですが、少し離れてみると可憐で綺麗な花です。
気に入りました。
# by 306stylepremium | 2010-11-07 23:54 | 写真 | Comments(1)

2010-2011 Skiギア

近頃急に寒くなって、ようやくスキー気分が盛り上がってきたので、今年のスキーギアを新調しました。
昨年はLineの板を導入したのですがへし折ってしまったので、今年も板を新調しました。
今年の板は…
a0037073_21564012.jpg

Atmic Blog 177cm (132mm/110mm/124mm)
という、極太の板にしてみました。
これさえあれば北海道でもブラッコムでもどこでも大丈夫なはずです。ギア的には。
後は腕と度胸ですが、何とかなると思いたいです。
BindingはLineからMarkerのGriffonを移植します。
a0037073_222030.jpg


板が太くなってくると、太いポールも欲しくなります。
そこでポールは
a0037073_2231746.jpg

LineのPin Poleにしてみました。(111cm)
極太のポールに極細のグリップです。カッコいい!!
ちなみに細いグリップが功を奏してとても振りやすいです。意外。

そしてグローブは
a0037073_2264586.jpg

SpiderのPipe Gloveです。
寒いとき用にはHestraの定番3-Fingerがあるので、暖かいとき用にこれにしてみました。
昨期使っていたArmadaのグローブと握り心地や柔らかさなどそっくりです。
ただ、Armadaのグローブはえらく臭くなってしまったので、臭くならないかとても心配です。

板を買ったお店の店長によると今年はどっかり降るだろうとの事。
なんでもカマキリの卵が例年よりずっと高い位置に産みつけてあるのだとか。
このような年は決まって沢山降るそうです。

数ヶ月の短いシーズンですが、皆さんよろしくお願いします!!
# by 306stylepremium | 2010-10-31 22:13 | スキー | Comments(4)

Jamie Cullum "Davil May Care"

何気なくAmazonをのぞいていたら、こんなCDが
Jamie Cullumの"Davil May Care"です。
新曲が入っている訳ではありませんが、これまでの発表曲の中からJazz色の強いものがセレクトされています。
最近のJamieはJazzを基本としながらも、色々なジャンルを貪欲に取り入れてボーダーレスな音楽でしたが、こういうアルバムを聴いているとやはりルーツはJazzである事を強く感じます。
若くて勢いがあるけれども、しっとりとしたピアノやバラードなどひじょ〜〜に渋い所もあり、Jamieの多彩さが良く伝わってくる素晴らしい選曲だと思います。
普段Jazzを聞かない人にも自信を持ってお勧め出来る内容です。

IMGP3445


ちなみに下は最新アルバムの"Pursuit"。
iTunesで買っただけで、アルバムを持っていなかったのでこの機会に一緒に買いました。
ライブ映像とインタビューが収録されたDVD付きです。
Jamieのライブはとんでもなく素晴らしいので、買うなら絶対DVD付きです!
# by 306stylepremium | 2010-08-21 11:07 | 写真 | Comments(0)

Rollei 35 SE 試し撮り

IMGP3428

このところデジタル一眼「レフ」カメラで撮影する事が多いのですが、あまり考えずにバシャバシャとたくさん撮って後でじっくり選ぶという、いわゆるデジタルな撮影をしています。
しかし、構図などあまりにヒット率が低く、きちんと考えて撮る事が非常に大切だと思うようになりました。
そこで色々考えて選んだのが Rollei 35 SE です。
数ある Rollei 35 シリーズの中でも f/2.8 の明るい 40 mm ゾナーレンズを搭載した S もしくは SE を狙って銀座をぶらぶらしていた所、非常に程度の良い個体 (SE) を見つけたので即ゲットしました。
残念な事にフィルム送りが不良で修理になってしまった為イタリアには持参出来ませんでしたが、旅行後に無事修理も完了し、試写を兼ねて浅草に遊びに行ってきました。

実際にはアルヌボのケースに入れ、無くすと高い純正レンズキャップではなく八仙堂の 30.5 mm レンズキャップを付けて撮影しています。

IMGP3413


使用したフィルムはどこでも売っているフジカラーの Super Premium 400です。
フィルムをスキャン出来る環境が無いので以下の2枚はプリントをスキャンしたものです。

まずはぐっと絞ってパンフォーカスにしてみた例です。
ピントを目測で合わせなければ行けないので絞って撮影する事が多くなりますが、絞った場合の解像感は素晴らしいです。
逆光での撮影だったのでフレア気味ですが、シャープさそれほど損なわれていないと思います。

asakuasbashi


次は絞り解放で撮影した例です。
f/2.8 と深度が浅い上にピントを合わせるので厳しい条件では有りますが、ピントが来たときのシャープさは素晴らしいの一言です。
ボケも柔らかいし、言う事無しです。

ojizousama

(端っこに変なおじさんが写り込んでしまったので Photoshop でトリミングしました。)

思っていた以上にシャープだし、色乗りも素直で使いやすそうです。(フィルムに依ると思いますが。)
心配していた露出計も大丈夫そうです。
と、いうことで調子に乗ってこんなフィルムを買って来てしまいました。

IMGP3440

リバーサルとモノクロをフジとコダックで1種類ずつ。
モノクロはどうにでもなるとして、リバーサルがどう写るか楽しみです。
ただ、「普通の」カラーネガを買うのを忘れました・・・
# by 306stylepremium | 2010-07-31 04:59 | 写真 | Comments(7)

2010 夏旅行

無事イタリアから帰国しました。
まだ写真を整理していないのですが、忘れないうちに1枚だけアップしようかと。
下手すると1年後という事になりかねない性格なので(^^;

Untitled

PENTAX K-7, DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]
ISO 800, f/3.5, 1/6, 10mm (35mm equiv 15mm), Av, EV +0.3

フィレンツェの街角で撮った1枚です。
CTEで撮った為か、記憶色そのままです。
淡いオレンジ色の壁に、濃紺の空。
雑多な街ですが、夜の静謐で落ち着いた雰囲気がとても素敵でした。
# by 306stylepremium | 2010-07-20 01:05 | | Comments(1)

2009夏旅行

今年は今週末から1週間イタリアを旅する予定です。
昨年モルディブに行ってからもう一年経ってしまいました。
モルディブで撮影した写真をアップしようと思って忘れ続けるのも1年になったという事です。
と、いうわけで1枚だけアップ。

a0037073_18425742.jpg

PENTAX K-7, PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6AL WR
ISO 400, f/18, 1/200, 18mm (35mm equiv 27mm), Av
iPhoto 09でリサイズ
ISOとか絞りとか、今見るとちょっと変な設定ですね… (^^;

見た目そのままの色です。
綺麗だったなぁ。
今年も色々飲んで食べて撮ってきます!
# by 306stylepremium | 2010-07-07 18:43 | | Comments(3)