真面目に取り組んでみようと思いっている。


by 306stylepremium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

三合菴

職場のすぐ隣にあるお蕎麦屋さん「三合菴」に行ってきた。
2000年にオープンした当初から非常に人気のあるお店で夜は予約をしないと入れないそうだ。
そしてそば屋にありがちなのだが美味い&高い&少ないとの評判だった。
5年間横目で眺めていたのだが今日漸くお店に突入することが出来た。
無論おごりだ。

店内は狭く4人掛けのテーブルが5つ位。
昼時にはテーブルを分割して2人掛けにしていた。
通路は恐ろしく狭いが清潔でとても好印象。
注文したのは天せいろ(私)とトロロそば(スポンサー)。
暫くして出てきた天麩羅と蕎麦は期待に違わぬ少なさだった。
蕎麦も少ないしエビも小さい。
しかし一口食べてみるとこれが旨い!!
天麩羅のあげ方も良いし、何と言っても(当たり前だが)蕎麦がすごい。
素晴らしいコシと香り、そしてのど越し。
蕎麦つゆとの相性もぴったりで最高に旨い。
量の少なさも値段も納得できる味だった。

嬉しかったのが天つゆが別に出てきたこと。
高い店に行けば当たり前なのかもしれないが、蕎麦つゆが油だらけになってしまうのが嫌な私のような人間にとっては非常に嬉しい心配りだった。
もちろん味付けも別だった。
そうそう、蕎麦の量も少ないのだが、何と言っても蕎麦つゆの量が少ない。
蕎麦猪口の5分の1くらいしか入っていない。
ほとんどつゆを付けない人には別になんて事ないのだが(東京の人は皆そうだと思うが)、たっぷり付ける人だと一口目で無くなると思う。

最後に出てきた蕎麦湯がまた格別だった。
トロトロしているのだ。
ものすごく緩い蕎麦掻きのような感じ。
これがまた良い香りで幸せだった。

そうだ、今度はアマグリを連れてきて酒を飲もう。

---
三合菴
港区白金5-10-10
こんなページもありました
by 306stylepremium | 2005-07-04 12:58 | 食事・酒